Error loading page.
Try refreshing the page. If that doesn't work, there may be a network issue, and you can use our self test page to see what's preventing the page from loading.
Learn more about possible network issues or contact support for more help.

美しい人体図鑑 ミクロの目で見る細胞の世界 VI 医薬品 ──科学の発展とその軌跡: 本編

ebook
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 薬の歴史は、同時に人類の歴史でもある。太古の昔から、からだを壊すと草木などを口にし、場合によって下痢をしたり吐いたり、最悪の場合は死ぬことさえあった。これを繰り返すことによって、薬になるもの、そうでないものを見分けて活用してきた。日本においても、縄文人たちの住居のあとから、薬として使ったと見られる植物が多数発見されている。 それらの植物から、有効成分だけを抽出しようという試みが始まるのは、19世紀以降である。現在も広く使われる鎮痛薬・モルヒネがアヘンから単離されたのはこの頃で、これが近代医学の幕開けともいえる。以降、植物・動物・鉱物などから有効成分を抽出し、化学的に変化を加えたり、合成したりすることで、人類は新しい薬を生み出し続け、病気の克服を目指している。

Expand title description text
Publisher: ポプラ社

MediaDo ebook

  • Release date: January 16, 2019

Formats

MediaDo ebook

Languages

Japanese

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 薬の歴史は、同時に人類の歴史でもある。太古の昔から、からだを壊すと草木などを口にし、場合によって下痢をしたり吐いたり、最悪の場合は死ぬことさえあった。これを繰り返すことによって、薬になるもの、そうでないものを見分けて活用してきた。日本においても、縄文人たちの住居のあとから、薬として使ったと見られる植物が多数発見されている。 それらの植物から、有効成分だけを抽出しようという試みが始まるのは、19世紀以降である。現在も広く使われる鎮痛薬・モルヒネがアヘンから単離されたのはこの頃で、これが近代医学の幕開けともいえる。以降、植物・動物・鉱物などから有効成分を抽出し、化学的に変化を加えたり、合成したりすることで、人類は新しい薬を生み出し続け、病気の克服を目指している。

Expand title description text